鋼構造物工事業(鋼構造物工事)◎指定工事業◎

内  容

形鋼、鋼板等の鋼材の加工又は組立てにより工作物を築造する工事

例  示

鉄骨工事、橋梁工事、鉄塔工事、石油、ガス等の貯蔵用タンク設置工事、屋外広告工事、閘門、水門当の門扉設置工事

 

ひらめきこの業種の専任技術者となることができる資格

 

特定  一級土木施工管理技士一級建築施工管理技士一級建築士

     技術士試験の以下の部門、「選択科目」  

     建設「鋼構造及びコンクリート」総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリート」)

     

 

一般  二級土木施工管理技士(土木)

     二級建築施工管理技士(躯体)

     職業能力開発促進法の「技能検定」(旧職業訓練法)

     鉄工(選択科目「製罐作業」または「構造物鉄工」)・製罐

【等級区分が2級のものは、合格後1年以上(平成16年4月1日以降の合格者は3年以上)の実務経験】

※特定の資格を持っていれば、一般の専任技術者になることが出来ます。