建設業許可や業種追加・役員等の変更手続き、経営事項審査、運送事業・産廃事業の手続きなどは、20年以上の実績をもつハピネス行政書士事務所におまかせ下さい!

建設業許可の申請はハピネス行政書士事務所

〒134ー0088 東京都江戸川区西葛西6−13−12 第一大高ビル5F(東西線「西葛西駅」より徒歩1分)

営業時間

月〜金 9:00~18:00
(定休日:土日祝日)

FAX

03-3686-2398

どうぞお気軽にお問合せください

03-3686-2366

建設業業務日誌-15

経営業務の管理責任者の過去証明1

2010/6/29(火)

どうも今井です!

本日は経営業務の管理責任者の過去の経験の証明方法についてお話しようと思います。

簡単に分けて、2つの事柄についての証明を求められます。

1つは、役員名・及び経験年数。

証明してくれる会社において、何の役員をしていたか?
(監査役ではNGですよ!)

また、何年就任していたか?
(許可を取ろうとする業種と同業種は5年、異業種では7年必要です)

ということです。

こちらにつきましても、3パターンほどあります。

1つ目、法人の役員だった時。

このときは証明会社の登記簿謄本です。

役員だったことがわかる謄本を提出します。

2つ目、令三条の使用人だった時。

何やら、怪しい言葉が出てきましたね・・・

簡単に言いますと「支店長」さん的な立場の人のことを指します。

この場合、期間分の建設業許可申請書及び変更届出書の控えを原本提示します。

この辺りは難しいので本日は割愛し、後日ゆっくりと切り崩せればと思います。

3つ目は、個人事業主さんであった場合。

このときは、確定申告書の控えを原本提示です。

このとき大切なのは、きちんと個人事業主として確定申告していることです。

個人事業主として証明することが出来ないと、「経営業務の管理責任者の要件」には該当しないので、注意が必要です!!

さて、冒頭で振ったように、2つの事柄の証明を求められるのですが、

もう一つの事柄につきましては、また後日ということにさせていただきます。

証明してくれる会社さんは、本当に建設業の仕事をしているよ!

ということを証明していきます。

お楽しみに♪

by imai

営業所とはどんなもの?

6月28日(月)

こんにちは、照山です。

雨が続きますね
建設業の皆様には、お仕事が進めづらい季節かもしれませんね。
そんなときには、日頃事務所から離れてできない決算変更など、事務作業を進めちゃいましょう!

さて、建設業許可に必要な営業所とはどのようなものでしょうか。
別に許可を取るためといってどこか賃貸しなくていけない訳ではありません。
ご自宅の一部に設けることもできるんですよ。

ただし、営業所の実態を備えていることが必要ですので、次のような要件はあります。
①請負契約の見積もりなど、実態的な業務を行っていること。
②電話などを備え、居住部分などとは明確に区分されていること。
③経営業務の管理責任者又は使用人が常勤していること。
④専任技術者が常勤していること。

これらの要件が事実上満たされているかを確認するために、
許可申請時には営業所の写真も添付しなければなりません。

でもうまく要件を満たして、経費節約をしたいですね。
自宅を営業所とされたい方、ぜひご相談下さい。

By Teruyama

財産要件

2010/6/25(金)

どうも今井です!

たった今、完成目前まで出来上がった業務日誌が
操作ミスにより消失し、弱冠意気消沈気味です(。。;)

何の話を書いていたかといいますと、ズバリ「建設業許可の財産要件」についてです!

一番伝えたかったのは、

赤字会社さんでも許可を取ることは可能ですよ!!!

ということです。

財産要件では、500万円以上の残高証明を提出することでクリア—出来るのです。

なので、その500万円を確保できれば、赤字であろうと何であろうと問題ないのです!

ですから・・・建設業者の皆さま!

一見許可取得が無理そうに思えても、諦めずに専門家に相談してみてください!

道は意外と簡単に拓けるかもしれません。

その時に菅原事務所をご利用になってくださればうれしいです♪

無料相談も受け付けております!

気になった方はぜひお問い合わせを!

by Imai

古物営業許可

6月24日(木)

こんにちは、照山です。

今回は、古物営業許可についてです。

古物営業とは、許可を受けて、古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、交換する営業をいいます。

そして、「古物」とは、

  •  

    一度使用された物品

    使用されない物品で使用のために取引されたもの

    これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

    をいいます。

    なので、質屋さんとか骨董品店、中古自動車やさんなんかも古物営業をしているということですね。
    この古物営業をするには、営業所の所在地を管轄する警察署へ申請して許可を得る必要があります。
    なぜ許可の申請窓口が警察署なのでしょう。
    おそらく、古物営業について定めている法律の目的が、
    ①窃盗その他の犯罪の防止、②被害の迅速な回復にあるからだと思われます。

    警察署に行くとなると、何も悪いことしてなくてもドキドキしちゃいますよね。
    もし、そのドキドキ感を味わわずに古物営業をしたいとお考えならば、
    ぜひ当事務所へご連絡下さい。
    煩わしい許可申請の書類作成の代行もしたうえで、
    ドキドキ感の代行もさせていただきます!

    by Teruyama

    建設業の一般と特定

    2010/6/22(火)

    どうも今井です!

    先日、行政書士会渋谷支部の講習会に行かせていただいたので、
    本日の日誌では、とりあえず経管の過去の証明はおいておいて、
    講習会でやっと理解できた事柄についてお話ししようかと思います。

    さて、それはなんぞや?と言いますと、

    ズバリ「建設業許可の一般と特定の別」

    今さら・・・

    などと言われかねないですが、これがなかなか厄介なのです。

    さて。

    一般と特定。

    何で別けられているかと言いますと、その違いは金額になります。

    一般とは・・・

    工事のすべてを自社で行う。
    もしくは3,000万未満(建築一式に関しては4,500万未満)
    で下請けに仕事を出す業者さんの取る許可です。

    一方特定とは・・・

    3,000万以上(建築一式においては4,500万以上)
    で下請けに仕事を出す業者さんの取る許可です。

    私が何故これをなかなか理解できなかったといいますと、

    この3,000万の金額制限を、工事を請ける際の金額だと思い込んでしまっていた所為でした。

    建設業許可が無いと500万以上の仕事を請けることが出来ない。

    というものと混同してしまっていたのです。

    特定と一般においては、

    特定許可でないと3,000万以上の仕事を卸せない。

    この請ける、のと、卸す、のを間違えて覚えると、全く話がわからなくなってしまうので気を付けてくださいね!

    by Imai

    経営業務管理責任者の要件

    2010/6/18(金)

    どうも今井です!

    さて、今回は経営業務管理責任者のお話をしていこうかと思います。

    ところで、この経営業務管理責任者とは何ぞや?という話。
    (長ったらしいので以下経管でいきます)

    噛み砕いて説明させていただきますと、

    「建設業許可をとる会社さんの経営・管理能力のある人」

    と言ったところでしょうか・・・

    これを経管の過去経験として計上できる人と言うのは、会社の中での位置としては

    代表取締役取締役といった役員の方です。

    ただしこれ、役員と言っても監査役では経管の過去の経験としては使えません。

    何故ならば、会社の経営業務に直接関わる人ではないためです。

    さて、話を戻しまして経管。

    その会社さんの取ろうとしている許可業種と、経管になろうとしている人の
    今までの経験業種によって、経験必要年数が異なってきます。

    [同業種の場合]

    経管さんの過去経験は5年必要。

    [異業種の場合]

    経管さんの過去経験は7年必要。

    そしてこの場合の経験とは、会社であれば先述したように役員。
    (監査役除く)

    個人であれば個人事業主としての経験を指しています。

    次回は経管としての過去経験の証明をする方法をお話していこうと思います。

    そしてそして!
    本日はこれより、行政書士会の講習会に行って、さらに詳しく正確な知識をインプットしてきます!

    講習会でパワーアップした業務日誌を書いていきたいと思いますので、おたのしみに!

    by Imai

    建設業必要書類について Part1

    6月17日

    本日も建設業の許可申請について記載させていただきます。
    申請には、書類を用意する必要があります。

    その中で、申請人の方にご用意いただかなければいけないものとして「銀行の残高証明書」があげられます。 
    この書類には、有効期限があり申請日から1月以内のものに限られます。
    例えば4月30日の日付のものは5月31日まで有効です。

    また、すぐに銀行から残高証明書を発行してもらえるわけではありません。
    まず、銀行から残高証明書を出して貰うには2日ほど置く必要があります。
    通帳には500万円と記入されますが、取引先に支払うために引き出してしまうと、
    通帳に記入されているものの、500万円の残高証明書は貰えないのです。

    通帳は証明書類にならないので、取引先の支払いを1日延ばして貰い最低2日間は預金しておくことが必要です。
    残高証明書を発行して貰うって結構大変ですね。
    しかも大手の銀行だと、支店長等の内部決裁で手間が掛かり残高証明書の発行が1週間後というケースも稀でありません。
    地元業者本位の「信用金庫」であれば大手銀行よりは迅速に証明書を発行してもらえるようです。

    ここでも銀行によって特性があるようです。

    もちろん、残高証明書が揃えられたからと言ってすぐ書類を提出できるわけではありません。
    さらに①経営業務管理責任者、②専任技術者等の資格要件を揃えることが必要ですのでご注意を。

    by naonori

    連休の中日で外は休日モードですが、連休後にスタートダッシュが出来るよう篤い思いで仕事に向き合っています。動画やツイッターを有効利用した接客スキルを高めるには等々。

    読書の皆様方、大いにこの連休で心身ともリフレッシュしてきてくださいね!!

    専任技術者の要件 其の三

    2010/06/15(火)

    どうも今井です!

    今回は専任技術者の実務経験を証明してくれる会社での常勤を証明する書類についてお話させていただきます。

    常勤を証明するためには、以下のうちどれかの書類が必要になります。 

    ・健康保険被保険者証の写し(事業者名と資格取得年月日の記載されているもので、引き続き在職している場合に限られます)

    ・厚生年金の加入期間を証明するもの(回答票等)

    ・住民税特別徴収税額通知書の写し

    ・確定申告書・・・法人の場合、役員であった場合に限る
                            (表紙と役員報酬明細の写し)

                      ・・・個人の場合
                            (第一表と第二表の写し)

                         が、いずれも期間分、原本で必要になります。

    その他にも給料明細や出勤簿、給料の振り込まれていた通帳などで証明できる場合もあります。

    ・・・項目をザーッと見て思うこととしまして。

    勤務していた会社を辞める時には、円満に退職するに限る!

    ということが最も感じられますね。

    どうしても、常勤を証明する書類を揃えるには証明者(会社)さんの協力が必要なのです。

    さて、次は経営業務管理責任者のお話をしていこうと思います!

    日誌を通し、自分のレベルの底上げも出来るようにがんばります!

    建設業許可にかかわる矛盾

    6/14 (月)

    本日も建設業について記載させていただきます。
    建設業の許可は一つの営業所が都道府県内にある場合には知事の許可になり、
    二つ以上あってその範囲を越えて存在する場合には国土交通大臣の許可になります。
    しかし、
    建設業の許可を取得しているのであれば、
    東京都知事の許可業者は沖縄で建築工事を行うことも出来ます。
    これって、
    運転免許のように全国どこでも取っても同じ取扱にすれば良いと思います。

    が、、、、

    実際には運転免許のように均一な取り扱いにはなっていないのが現実のようです。
    また建設業許可を取得するには、
    建築士等の国家資格者を専任技術者にする必要があります。

    もしそのような資格者がいない場合でも、
    10年の実務経験者がいれば専任技術者になれます。

    その10年に関する実務経験の認定を受けるには、
    確認資料を提出する必要があります。
    10年間の実務経験をなんで証明するかが気になります。
    首都圏では、
    東京都以外では1年間に1件の契約書・請求書・注文書等があれば足ります。

    ただ、東京都は1年に最低でも3件程が必要で、
    請求書の場合には入金確認の預金通帳の提示も必要です。

    通常は5年ほどは所持していますが、
    10年分までを保管していることは稀といった方がよいかもしれません。
    同じ効力を持つ許可制度でありながら、
    取りやすい処とそうでない処があるのは不公平だと思いませんか。
    例えば東京都では取れない許可も、
    千葉県では取れるんですよ!
    そんなバカなと思いでしょうが・・・。

    そうなんです。

    理由は許可を与えるのはその自治体が独自と判断する建前になっているからだとのこと。
    最近のように元請けや取引先から許可の取得を迫られていながら、
    この10年の実務経験を証明できる資料がないために、
    許可の取得を断念する方が本当に多い状況が世相のようです。

    都庁と更新と

    6月11日(金)

    今日は建設の更新が一件、宅建の更新が二件ありました。

    ということで♪

    昨日に引き続き今日も都庁へ(^^ゞ

    毎回思うのですが、都庁前駅から都庁までの道のりって快適過ぎて不健康です(゜ロ゜)

    階段レスでエスカレータで上がりきれちゃいますし、道中も空調が効いている模様…

    快適過ぎますっ!

    羨ましい…(-.-)

    でも不健康です。

    さて、今日はオール私担当書類。

    やはり緊張します(~_~;)

    担当の方が、書類をパタパタ見返すと跳ね上がる心拍数…

    癖になりそうな緊張感です(笑)

    しかし、緊張しながらも、事務所の面々のご協力もあって無事に全ての更新に受付印をもらえました!

    その快感は、これまた癖になりそう♪(^ー^)

    これからもっともっと経験を重ねて行き、行政書士業の醍醐味を知れたらと思います。

    by imai

    お問合せ・ご相談はこちら

    お気軽にお問合せください

    お電話でのお問合せはこちら

    03-3686-2366

    FAX:03-3686-2398

    営業時間:月〜金 9:00~18:00 (定休日:土日祝日)
    ※メール・FAXは365日24時間受付中!

    東京23区を中心として、千葉・埼玉・神奈川のお客様にもご愛顧いただいております。

    江戸川区・江東区・葛飾区・墨田区・港区・中央区・千代田区・品川区・渋谷区・
    文京区・豊島区・杉並区・台東区・足立区・板橋区・練馬区・世田谷区・大田区・
    浦安市・船橋市・市川市

    (地下鉄東西線) 葛西・西葛西・浦安・南行徳・行徳・妙典・原木中山・西船橋・
    南砂町・東陽町・木場・門前仲町・茅場町・日本橋・大手町・竹橋・九段下・
    飯田橋・神楽坂・早稲田・高田馬場・落合・中野