建設業許可や業種追加・役員等の変更手続き、経営事項審査、運送事業・産廃事業の手続きなどは、20年以上の実績をもつハピネス行政書士事務所におまかせ下さい!

建設業許可の申請はハピネス行政書士事務所

〒134ー0088 東京都江戸川区西葛西6−13−12 第一大高ビル5F(東西線「西葛西駅」より徒歩1分)

営業時間

月〜金 9:00~18:00
(定休日:土日祝日)

FAX

03-3686-2398

どうぞお気軽にお問合せください

03-3686-2366

建設業業務日誌-5

決算変更迫る

1月19日(火)

このところ、9月に決算日を設定されてる建設業のお客様から
たくさんお電話をいただきます

なぜかと言うと、9月末日に決算日を迎えた会社さんは、
その4ヶ月後、すなわち今月末までに『決算変更届』を提出すること、と
なっているからです。
なので、締め切りが迫ってきたために「書類の準備ができました」という
ご連絡が増える訳ですね。

決算変更届の書類を作成するためには、決算書などをお預かりしなければなりません。
が、〈貸借対照表〉とか〈損益計算書〉とか、人によっては耳慣れない書類を
準備して下さい、とお願いするので、指定したものを探し出すのが難しい場合もあるようです。
(実際私も、この仕事に就くまでは見たことすらありませんでした)
そんな時は、確定申告書をまるごと貸していただくこともあります。

なるべくお客様の手を煩わせず、かつスピーディーに進められるよう心掛けていますので、
確定申告が終わったら、建設業の決算変更
という流れをインプットいしていただけたらと思います

by Yamamoto

建設業の許可が欲しい!!!

1月18日(月)

建設業の許可が欲しいというお客様は 後を絶ちません。。
毎日のように お問い合わせのお電話が入ります。
電話でのお問い合わせも 私たちスタッフは 誠心誠意の対応をさせていただいておりますが、 伝わらないことも 多々ございます。

お客様の状況・・(これまでどのような形態で建設業を営んできたか?
経営業務管理責任者・専任技術者の要件を満たせる方はいらっしゃるか?
許可を取りたい都道府県はどこか?などなど・・・・)によって、
用意する書類も かなーーーーり、違ってくるのです。

ですので、お気軽に事務所をお寄り下さい。
たいていの場合は、誰かスタッフがいるので 対応可能なのですが、
ご予約を入れて来てくださると 助かります。
ご予約を入れていただく際に、
こんな書類があったら持ってきてくださーーいっ♪という ご案内もさせていただいております。
by  Okumura

建設業の無料診断もしています♪

1月15日(金)

建設工事の完成を請け負うことを目的とし、建設業を営もうとする場合、元請か下請か、また法人か個人であるかを問わず、建設業法の規定により建設業許可を受ける必要があります。当事務所では、新規申請・更新・決算変更届・経営事項審査手続きなどの建設業に関する許可申請手続きを承っています。
建設業の許可は欲しいけれど、取得できる要件があるかどうか分からないという方も無料診断を行っていますので、お気軽にご相談ください。

建設業許可には人に関する要件(経営業務の管理責任者、専任技術者)、資産に関する要件、営業所に関する要件など、さまざまな基準があります。
書類を揃えて申請しても、何か1つでも基準を満たしていない場合は受付してもらえず、準備にかけた時間が全て無駄になってしまいます。
そこで弊社では、建設業許可取得の要件を満たしているか無料診断をさせていただいております。(弊社担当がお伺いする場合には、交通費・出張料をいただきます。)

4つシカク.gif

無料診断ご希望の方は、電話にてご予約お願い致します。

03-3686-2366

by Okumura

立会い検査

1月14日(木)

いろんな許可に立会い検査なるものがありますが、
今日は、「産業廃棄物収集運搬業(積み替え保管あり)」の立会い検査でした。
更新の書類に関する立会い検査で、書類との整合性が求められます。
測ったり・・・いろんなところを見たり・・・
でも、バッチリでした。
ほっとしました。
この調子で、明日も頑張るぞっ♪
b
y Okumura

産廃 講習会について

1月13日(水)

産廃収集運搬の更新について、一件お問い合わせをいただきました。
その際、問題になったのが講習会のことです。

新規の時には新規の、更新の時には更新の講習を受けなければなりません。 
講習を受けて、かつその時に実施される試験に合格すると、修了証が交付されます。
そして、申請をする際にはその修了証を書類に付けないとなりません。

ただし、講習から修了証の交付までには日数がかかるため、
申請時に間に合わない 、という事態も想定されます。

そういう場合、東京都では、講習を受ける前に
合格証が欲しいです」という旨を伝えておけば、一週間前後で合格証が交付されるので、
申請時にはそれを添付し、修了証が交付されたら追って提出、という方法が取れます。
(他の都道府県ではまた違う対応になるかもしれません)

もしそれすら間に合わないかも、という場合は、
講習を受けた際の受講票を添付することもできるのですが、
その場合、万一試験に不合格になった時、申請は取り下げねばならず、
申請に支払った手数料も戻ってきません

産廃の許可をお考えの場合は、早めに講習を受けておくことをオススメします。
講習は全国どこで受けてもOKです

by Yamamoto

経審・決算変更・みなし電気登録

1月8日(金)

今日は、かなり忙しい1日でした。

というのも、今日は午前中に書類の作成をした後、午後イチくらいに事務所を出て、
まず墨田区の法務局へ行って書類を交付してもらいました。
その後都庁へ行き、まずは3Fで建設業の決算変更を1件提出。
次に20Fで経営事項審査を受け、
それが終わったら今度は8Fで電気工事業についてみなし電気登録への切り替えを申請しま
した。

しかも、これら3つは全て別の会社さんです。

決算変更とみなし電気登録はすんなり通ったのですが、
経審で1点だけひっかかってしまいました・・・

今回、審査の対象となる事業年度を「2期平均」の方を選択していたんですね。
(1期だけまたは2期の平均を選べるんです)
そして審査の際に「前期の財務諸表を見せて下さい」と言われたのですが、
必要ないはずだったので、持って行っていなかったのです。
そのために、再来に・・・

・・・しかし!! これにはちゃんとした理由があります。

書類を用意している段階で、先輩の末吉さんが都庁に電話して
必要ですか?と問い合わせをし、その時には「要りません」と言われたのです!!
なのに、行った時には必要と言われ・・・
ヒドイ

ともあれ、それ以外は問題なく、あとは財務諸表を持っていけば終わるので
一安心ではあります

by Yamamoto

建設業許可業者数調査の結果について

1月7日(木)

建設業許可業者数調査なるものが、あるんですねー
これによると、平成21年3月末(20年度末)建設業許可業者数は509,174業者で、前年同月比0.3%の増加しています。
マイナスがプラスに転じて、景気が悪いと言っても なかなかいい傾向♪
と思ったのですが、これは平成20年度に更新期を迎える業者さんが少なかったことにより、失効件数が減少したことが要因と考えられるのだそうです。

平成22年度末(21年度末)の調査結果も気になるところです。
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo13_hh_000051.html

by Okumura

申請してから許可が出るまで・・

1月6日(水)

お客様によく聞かれるのは、
「どれくらいで許可がとれるの??」
東京都知事許可の場合、書類を申請してから ほぼ20日程度で通知書が発送されているようです。
書類の作成の時間は、お客様によって違ってくるのですが、
いろんな資料を早急にそろえていただければ、
できる限り、素早く対応させていただきます。
専任技術者の方を実務経験10年で証明するとか・・は、やはり かなりの処理量となりますので、時間がかかるのですが、お急ぎということであれば、
スタッフが揃っておりますので、チーム力で スピードUPします。
ちなみに 現状 私のデスクまわりには、3社分の新規申請が待機しております
お客様からの資料が揃い次第、スピード処理できるよう準備万端です。
by  Okumura

会社の目的について

1月5日(火)

あけましておめでとうございます!
2010年も、菅原事務所をどうぞよろしくお願いします。

さて、その菅原事務所では、建設業のみならず、
古物商産廃の収集運搬の許可も取り扱っています。
建設業を営む上で出るゴミや不要な家具・家電を自社で処分したい、
又は転売したい、とお考えの方は、相談してみて下さいね。

ただし、その際気を付けなければいけないことに、会社の「目的」があります。

定款で定める会社の目的に、産廃なら産廃、古物商なら古物商を
扱う旨の記載がないといけません。
これはもちろん建設業に関しても同様です。

「うちの目的ってどうなってたっけ~?」
と思われた方、定款を見るか、会社の登記簿謄本を見れば、書いてあります。
けれども、ただ記載があればいい、という訳ではない場合もあったりするので、
更に注意が必要だったりします。

そのあたり意外とややこしいので、そこはぜひ専門家にご相談を

by Yamamoto

2010年もよろしくお願いします

1月4日(月)

門松.bmp

あけましておめでとうございます。
本年も、菅原事務所をどうぞよろしくお願い申し上げます。

本日より、2010年の業務をスタートいたしました。 
建設業部門を中心に、古物商や産業廃棄物の許可などを
トータルでお考えのお客様は、是非ご連絡お待ちしております。

今年は、さらなる飛躍の年とし、精一杯務めさせていただきます。
こちらのブログでも、最新情報をお届けいたしますので、
あわせてよろしくお願い申し上げます。

by azuma

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3686-2366

FAX:03-3686-2398

営業時間:月〜金 9:00~18:00 (定休日:土日祝日)
※メール・FAXは365日24時間受付中!

東京23区を中心として、千葉・埼玉・神奈川のお客様にもご愛顧いただいております。

江戸川区・江東区・葛飾区・墨田区・港区・中央区・千代田区・品川区・渋谷区・
文京区・豊島区・杉並区・台東区・足立区・板橋区・練馬区・世田谷区・大田区・
浦安市・船橋市・市川市

(地下鉄東西線) 葛西・西葛西・浦安・南行徳・行徳・妙典・原木中山・西船橋・
南砂町・東陽町・木場・門前仲町・茅場町・日本橋・大手町・竹橋・九段下・
飯田橋・神楽坂・早稲田・高田馬場・落合・中野